2016年03月16日

ヘリオトロープ

a5df7afcb27b29126ececb6e04cc4a3e.jpg


学名: Heliotropium
科名:ムラサキ科 キダチルリソウ属
花期:6月〜10月
草丈:10〜80cm

ヘリオトロープは、中央アメリカ原産の植物です。
日向が適地ですが、明るい半日陰でも花が咲き、葉も綺麗な深緑になります。
花色が少ないので、主役というよりはポイントに使うのに向いています。
見た目はそれほど目立つ花ではなく、シックな感じになります。
また、花には芳香があり、古くは香水の原料として利用されていました。
現在は鉢花や花壇、切り花などで、花とその芳香を楽しみます。
長く伸びた花は、こまめに切り戻すことが花を長く楽しむコツです。
切り取った花は、ドライフラワーにしたり、乾燥してポプリにして香りを楽しむことが出来ます。
ヘリオトロープは、乾燥に弱く、水が切れるとすぐにシワシワになり、
葉っぱが落ちてしまいます。
春から秋に掛けては水が切れないように注意しましょう。
ラベル:草花
posted by GARDENS at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック