2017年01月22日

ラナンキュラス ラックスシリーズ

ラナンブログ.jpg

IMG_0790.jpg

学名:Ranunculus asiatics☓R.cortusifolius
科名:キンポウゲ科
花期:早春〜春
草丈:1m程度(地植えの場合)

ラックスシリーズは宮崎県の綾園芸さんで作出されました。
Ranunculus asiaticus と R.cortusifolius を交配したもので、
野生種の遺伝子が入っているので植えっぱなしでも
球根が腐らずに秋には芽を出します。氷点下の寒さでも丈夫で、
多少凍っても大丈夫です。香川県でも地植えできます。
バラの足元に植えてもGOOD!

水はけの良いところに植え、水は土が乾いたらお花や葉に
かからないようにたっぷりあげます。日当たりは半日以上当たれば
大丈夫です。北風が当たるところは避けてください。

植えっぱなしOKでたくさんお花を咲かせてくれる
スプレー咲きのラナンキュラス ラックスシリーズ

GARDENS MARKETでは今ラナンキュラスフェア中で
ラックスシリーズ以外のめずらしいラナンキュラスも集めております。
寒いですが、ぜひ見に来てくださいね。


ラベル:草花
posted by GARDENS at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

プリムラ マラコイデス(ウィンティー)

IMG_1432.jpg

学名:Purimura malacoides
科名:サクラソウ科 耐寒性一年草
花期:1〜4月
草丈:30cm

ふつうのサクラソウにはない魅力的な色合いのウィンティーです。
半日陰の屋外で、冬から春の間ずっと花を咲かせ続けます。
一日数時間の日照でも育ち、耐寒性の強い種類なので
冬の寂しいお庭や玄関に貴重なガーデン植物として利用できます。
寄せ植えなどにもオススメです。

直接雪や霜、寒風の当たらない軒下などに置きましょう。
お家の中では、明るくてあまり暖房の効いていない場所がGOOD!
花持ちもよく、花つきも良いので水切れには注意しましょう。

今、GARDENS MARKETにも並んでいます。
ぜひいかがですか。



ラベル:草花
posted by GARDENS at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

セファランサス ムーンライトファンタジー

s-sefarannsasu3.jpg

s-sefarannsasu2.jpg

学名:Cephalanthus occidentalis 'Moonlight Fantasy'
科名:アカネ科 耐寒性低木 落葉樹
花期:初夏(秋に返り咲きすることもある)
草丈:3m前後(剪定によって小さくできます)


お花のツボミはまるでコンペイトウのようで、咲くと柔らかなボール状になります。
「ムーンライトファンタジー」は若木のうちから開花し、花つきも良い品種です。
木が大きくなれば秋にも返り咲きの花が楽しめます。
似た花でタニワタリノキという種類がありますが、性質が異なります。

耐暑性、耐寒性もあり、育てやすいです。
葉のグリーンも美しく、切花にもおすすめです。
晩秋には紅葉します。

湿地や湿り気のある林の中に自生する木なので、水切れには要注意してください。

春の芽吹き前には剪定を行います。
新枝咲きなので、なるべく強剪定した方が、翌年の姿がコンパクトにまとまります。
基本的に半分以下に強剪定した方が姿が、樹形が整い、花上がりも良いです。


ラベル:樹木
posted by GARDENS at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

レインボーファン

130.jpg

学名:Selaginella uncinata
科名:イワヒバ科 常緑多年草
原産地:中国南部


葉の色がエメラルドグリーンで美しく、光のあたり具合で葉の色が変わるので、
レインボーファンと呼ばれているそうです。
シダやコケといった雰囲気で水を好みます。葉水を与えながら育てましょう。
冬はやや乾燥気味に管理しますが、水は切らさないようにします。

明るい日陰を好みます。夏の暑さに弱いので、出来るだけ風通しの良い
涼しいところで育てましょう。
耐寒性は0度以上で、冬は室内の暖かく日当たりのよい場所で育てると
冬でも生育します。
年間を通じて鉢土の表面が乾く前に与えます。

室内で観葉植物のように育てるのもオススメです。


ラベル:草花
posted by GARDENS at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

ゲラニウム ダークライター

s-ゲラニウム ダークレイター3.jpg

ゲラニウム ダークレイター2.jpg



学名:Geranium pratense 'Dark Reiter'
科名:フウロソウ科 耐寒性多年草
花期:5〜7月
草丈:30〜50cm

切れ込みの深い濃いブロンズ色の葉が美しい新しい品種です。
開花期は初夏で薄紫色のかわいい花をつけます。
花がない時期でもカラーリーフとして使えます。

比較的丈夫で暑さ、寒さにも強く、日当たりの良い所でも
少し日陰でも良く育ちます。真夏は半日陰がよいでしょう。
水はけのよい土がおすすめです。
水やりは、表土が乾いてきたらたっぷりと与え、
特に芽だしからの成長期には極端に乾燥させないようにしましょう。

生育がよいので、春または秋に株分けで増やすことができます。

ラベル:草花
posted by GARDENS at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

インカビレア シェロン

s-インカルビレア.jpg

s-インカビレア.jpg

学名:Incarvillea
科名:ノウゼンカズラ科 半耐寒性多年草
花期:5〜9月
草丈:35〜45cm

風にゆらゆらゆれる姿がかわいらしく、葉の形も涼しげです。
花はノウゼンカズラのようなラッパ状です。
咲き終わった花はそのままにせず、摘み取るようにします。
開花時期が長いので肥料は液肥をこまめにあげましょう。

花茎が少し軟らかいので開花時期に強い風や雨に当たると
花茎が倒れてしまうことがあるので、簡単な支柱を立てたほうがよいです。

性質は丈夫で、よく日の当たるところが好きですが、
真夏にはできるだけ涼しい環境で育てましょう。

寒さには強く、冬の間は太い根の球根として休眠しているので
水やりは控えめに、乾燥気味に保ちます。

posted by GARDENS at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

サルビア「パープルノックアウト」

s-sarubia2.jpg

s-sarubia.jpg

学名:Salvia Iyrata
科名:シソ科 常緑多年草
花期:4〜6月 ※夏に咲くこともあり
草丈:15〜60cm

あまり出回らないめずらしいサルビアです。
おもに葉の色を楽しむサルビアで、濃紫色がとてもシックな印象です。
気温や日照りによって色が赤紫から黒紫に変化します。
スミレ色の小さな花を咲かせます。
バラの足元でアクセントとしても使えます。
株はサルビアにはめずらしいロゼット状で、
こぼれ種でも増えて、手間もかかりません。
日当たりが良く、水はけがよい場所が好きです。

ラベル:草花
posted by GARDENS at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

ロータス「ブラックムーニー」

s-bin022804.jpg

学名: Lotus 'Black Mooney'  
科名:マメ科  半耐寒性多年草(冬期常緑〜半常緑)
花期: 春〜初夏 
草丈:40cm前後

ロータスと言えばブリムストーンが有名ですが、
こちらのブラックムーニーはしなやかな姿で大株になります。
寄せ植えに使うと、動きが出るのでオススメです。
黒みがかった濃いブラウンの小さなお花がおしゃれです。

アフリカ原産で寒さに少し弱いので、
冬は軒下に置いた方がよいでしょう。
水は控えめで、土が乾いたらあげてください。


posted by GARDENS at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

フランネルフラワー


IMG_7768.jpg

IMG_8099.jpg

IMG_8092.jpg

学名:Actinotus helianthi
科名:セリ科 アクチノータス属 常緑多年草
花期:3〜10月 (四季咲き)
草丈:20〜40cm

先端がほんのり緑色に染まる白い花びら、
細かい毛が生えた灰緑色の葉、
花びらと葉がフエルトようにふんわり柔らかで、優しい雰囲気のお花です。

フランネルフラワーはオーストラリア原産の植物で、
強い日差しに耐えられるように葉は白っぽい色をしています。

年中通して日光に当ててやれば花を咲かせる四季咲きなのですが、
多湿に弱いので夏は直接雨のあたらない風通しのいい場所へ、
霜にあたると弱るので、冬は軒先などに移動させましょう。

とにかく乾燥気味に育てるこどがポイント。
いつもの水やりのタイミングをちょっと待って、
カラカラになってから水やりするくらいで丁度いいです。

水はけがよい酸性の土を好みます。
ブルーベリー用土など酸性の土に植えてやると、
元気にたくさんの花を咲かせてくれますよ。





ラベル:草花
posted by GARDENS at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

ビバーナム「スノーボール」

bibanamu2.jpg

s-bibanamu5.jpg

学名:Viburnum opulus Roseum
科名:スイカズラ科 耐寒性低木 落葉樹
花期:春〜初夏
草丈:2〜3m

スノーボールはガマズミの仲間です。
咲きはじめはきれいなライムグリーンで、
少しずつ美しい純白に色移りしていきます。
切り花としても人気のある品種で、秋には紅葉も楽しめます。

よく肥えて湿り気のある土を好みます。
枝先に花が咲くので剪定して枝数を増やすと
たくさんのお花を楽しめます。
剪定時期はアジサイと同じで、花が終わった後、
遅くても7月中にはしましょう。

手間もかからない丈夫な植物です。ぜひいかがですか。

ラベル:樹木
posted by GARDENS at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

メリアンサス

s-メリアンサス.jpg

s-メリアンサス1.jpg

学名: Melianthus
科名:メリアンサス科 メリアンサス属
花期:春〜初夏
草丈:常緑小低木 約2m

南アフリカ原産の植物で、ギザギザの葉が特徴的です。
鳥が羽を広げたような、怪鳥的な緑の葉は、とってもダイナミックです。
現地では、湿布薬としても使用されているようです。
花は、春から初夏にえんじ色の花を咲かせます。

日当たりを好みますが、夏は半日かげで、
肥沃で水はけのよい適度に湿った土壌が適しています。

ラベル:草花
posted by GARDENS at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

ブルーレースフラワー

buru-.jpg

学名:Trachymene caerulea
科名:セリ科 半耐寒性一年草
花期:6〜7月
草丈:50〜70cm

涼しげで綺麗なブルーのレース状の花を咲かせます。
分枝性も良く、高さもあるので、切り花にも利用出来ます。
ホワイトレースフラワーとは別属になります。
水はけ、水保ちの良い土に植え、日当たりの良い場所で育てましょう。
やせ地でも育つので肥料はあげすぎないようにします。
水やりは、土の表面が乾いてからタップリと与えます。
移植を嫌うので植え替える時は注意しましょう。

posted by GARDENS at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

ダウカスカロタ「ダーラ」


s-dasukasu3.jpg

s-daukasu5.jpg

学名:Daucus carota 'Dara'
科名:セリ科 耐寒性一・二年草
開花期:初夏〜夏
草丈:50〜100cm

とても魅力的なアンティ―ク調のシックなレースフラワーです。
オルレアよりも細かな花びらで、繊細で美しい印象です。
色は白っぽいピンク〜ダークレッドまでのミックス種です。
何株か植えることで美しいグラデーションを生み出します。
丈夫で育てやすく、こぼれ種で毎年出てくるのもうれしいですね。
切花にしてもクラシカルな雰囲気のアレンジなどにぴったりです。

日当たりの良い場所で育てます。
多湿が苦手なので、風通しの良い場所で育てましょう。
直根性で移植に弱いので、植える時は根鉢を崩さないように気をつけます。
水やりは土の表面が乾いてからあげましょう。
肥料を多く与えると株が大きくなるばかりで花付きが悪くなるようなので
あまり多くの肥料はいらないようです。


ラベル:草花
posted by GARDENS at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

アネモネ シルベストリス


Anemone-sylvestris2.jpg

Anemone-sylvestris.jpg

学名:Anemone sylvestris
科名:キンポウゲ科 常緑多年草
花期:3〜5月
草丈:25〜40cm

めずらしい原種のアネモネ。
楚々とした雰囲気のアネモネです。

白い清楚なお花やふんわりと柔らかな葉、
雫型のつぼみもかわいいらしいです。

植えっぱなしで毎年楽しめる球根。

茎も葉っぱもお花も繊細で 
一見かよわそうですが
見かけより案外丈夫です。

高温多湿に弱いので、
夏の直射日光は避け、
水はけのよい土で育ててくださいね。


ラベル:草花
posted by GARDENS at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

ホリホック(タチアオイ)

ホリホック.jpg

ブログ.gif

学名:Althaea rosea
科名:タチアオイ科 一・二年草
花期:6〜8月
草丈:1m〜2m

初夏の頃、ホリホック(タチアオイ)が咲き始めます。
毎日新しい花を長期間咲かせてくれます。
よく日の当たる場所で育てますが、
加湿を少し嫌がるので風通しの良い場所を選びましょう。

背が高くなるのでボーダーガーデンの後方に植えたり、
点在させるように植えて高低差を強調するなど、
イングリッシュガーデンにぴったりのお花です。

学名のアルケアは病気を治すという意味で、
タチアオイ属の中には薬用になるものが多いところに由来します。

花言葉は、「大望」「野心」
真夏の暑さに、しおれずに空に向かってまっすぐ茎を伸ばし、
花が下から咲き始めてゆっくりと上に上っていく姿が
大望を持っているように見えるのかもしれませんね。

GARDENSでは写真のようなめずらしいホリッホックが
入ってきています。
今がちょうど植え時ですので、あなたのお庭にいかがですか。

ラベル:草花
posted by GARDENS at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

プリムラ・ビアリ

s-70a1fb98b9206f99a0d1a3186b527abd.jpg

学名: Primula vialli
科名:サクラソウ科 プリムラ属 耐寒性多年草
花期:春〜初夏
草丈:30〜50cm

ヒマラヤ原産のサクラソウ科の多年草です。
花の形と色がとってもユニークで面白いプリムラ。
サクラソウの仲間では珍しく、穂状に小さな花を密生して咲かせます。
つぼみは赤く、下から順に青紫色の花が開花していくため、
ツートンカラーの可愛い表情を見せてくれます。
夏の暑さに弱いため、風通しの良い日陰もしくは、
午前中のみ日のあたる場所で管理してください。

ラベル:草花
posted by GARDENS at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

ヘリオトロープ

a5df7afcb27b29126ececb6e04cc4a3e.jpg


学名: Heliotropium
科名:ムラサキ科 キダチルリソウ属
花期:6月〜10月
草丈:10〜80cm

ヘリオトロープは、中央アメリカ原産の植物です。
日向が適地ですが、明るい半日陰でも花が咲き、葉も綺麗な深緑になります。
花色が少ないので、主役というよりはポイントに使うのに向いています。
見た目はそれほど目立つ花ではなく、シックな感じになります。
また、花には芳香があり、古くは香水の原料として利用されていました。
現在は鉢花や花壇、切り花などで、花とその芳香を楽しみます。
長く伸びた花は、こまめに切り戻すことが花を長く楽しむコツです。
切り取った花は、ドライフラワーにしたり、乾燥してポプリにして香りを楽しむことが出来ます。
ヘリオトロープは、乾燥に弱く、水が切れるとすぐにシワシワになり、
葉っぱが落ちてしまいます。
春から秋に掛けては水が切れないように注意しましょう。
ラベル:草花
posted by GARDENS at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

原種シクラメン・コウム

2月のガーデニング教室は、クリスマスローズニゲルと
シクラメンコウムの寄せ植え。
そう原種ばかり…。
クリスマスローズもシクラメンコウムも冬にお花を咲かせて、
夏は休眠期になるので、水やりもほとんど要りません。
一度植えるとずーっと楽しめる寄せ植えです。

s-IMG_3176.jpg

一緒に植えた原種シクラメンのコウム。
まるい葉っぱに、清楚な小さなお花。
花が終わって結実すると、茎がコイルを巻くように花茎がクルクル
まいていくんです。
まるでお母さんが赤ちゃんを大切に抱え込むように…。
その姿がとーってもチャーミングなんです。
何年か前、洋書の表紙に載っていたその姿に一目ぼれしました。
花が咲くのも楽しみなんだけど、種をつけてクルクルまいた姿も
楽しみです。

s-IMG_3063.jpg

201105013.jpg

原種シクラメンコウム
学名 Cyclamen coum
開花時期 1月〜3月

posted by GARDENS at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

レモンユーカリ

c98dd7f891b9e5f6c41820a62fc74bf5cut.jpg

corymbia_citriodora_foliage-450x320.jpg

学名:Eucalyptus citriodora
科名:フトモモ科 常緑高木
花期:5月〜8月大木になり開花
最終樹木: 5〜10m前後

フトモモ科でユーカリの仲間。
レモンの香りがすることからレモンユーカリと呼ばれます。

柑橘系の香りは蚊を寄せ付けない成分が含まれており、
血圧を下げる効果もあります。

良い香りの葉は、ドライにして室内飾りや入浴に。
少量の葉にレモンバーム、レモングラスなどをあわせて、
ハーブティーにするのもオススメです。

現地では高木に育ちますが、鉢物として育てればコンパクトに保てます。
生育は早いので、大きくなり過ぎたら適宜に切り詰めるといいでしょう。

温暖な地方であれば庭植えで楽しめます。
日当たりと水はけの良い場所で育ててくださいね。


posted by GARDENS at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

ドドナエア


IMG_3090-2.jpg

IMG_3111.jpg

Dodonaea3.jpg

学名:Dodonaea viscosa ‘Purpurea’
科名:ムクロジ科 ドドナエア属 半耐寒性常緑低木
草丈:2〜4m
花期:初夏

ドドナエアは葉を楽しむ木です。

常緑樹なのに、寒くなると葉が紅葉するというユニークな樹種。

春夏は緑葉→秋冬は銅葉
ゆっくりと色が変化していくので
一年中葉がついているのに、季節を感じられます。

その葉の存在感からシンボルツリーとして。
よく茂り、刈込みにも強いので生垣にとして。
紫がかった美しい銅葉はコンテナの寄せ植えにも人気です。

gardenerscafe-2-2010-06-25T09-33-47-2-thumbnail2.jpg

そしてもう一つの魅力はなんといってもかわいらしいさや。

このお花のようなものは、じつは種のさやなんだそうです。
ひらひらとナチュラルな雰囲気・・・。
カットしてお部屋で楽しむのも素敵です。



posted by GARDENS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする