2016年03月09日

バンクシア

s-fa03ee8e994141034d8b5c1ac7ccd886.jpg

s-d90b4da58fd1980d26efc1cb484f6fed.jpg

s-IMG_3105.jpg

学名:Banksia
科名:ヤマモガシ科 バンクシア属
花期:11月〜3月
草丈:常緑性低木〜高木

バンクシアは、オーストラリア原産の植物で、オーストラリアでは有名で人気があり、
よく庭木として利用されています。
約70種類以上もの種類があり、低木から25mもの高さになる高木まで様々です。
花の色は、黄色や橙色、赤や桃色などがあります。
花は、長く伸びた一本の花軸に多数の小花が付く花序で、
長い円筒形や球形のブラシのようなもじゃもじゃな花です。
葉は、ギザギザで表面が緑色なのですが、裏側はシルバーで、
とても奇麗な特徴のものもあります。
また、松葉状の繊細な葉のものなど、種類は豊富にあります。
形が変わっているので、フラワーアレンジメントにも最適です。
圧倒的な存在感のあるバンクシアは、
他とは違ったインパクトのあるお庭づくりに最適です。
写真はガーデンズの北庭。
15年前に植えたときは50センチくらいでしたが、今では目を引く存在。
タグ:樹木
posted by GARDENS at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

ラナンキュラス”ラックス”

ラックス.jpg

E381BFE38284E38196E3818D20460.jpg

【学名】Ranunculus asiatics spp.
【科名】キンポウゲ科
【属名】キンポウゲ属
【分類】耐寒性球根植物
【花期】4月-5月


ラナンキュラスのラックス。
ラックスはRanunculus asiaticus と R.cortusifolius を交配したものです。
名前の由来はピカピカ輝くラナンキュラスの意味でワックスとラナンをあわせてRAX。
花びらにワックスかかってるみたいなんです。
お花が風にユラユラ揺れながらかきらきら輝いています。
花後、自分で花びらをはらはらと落しますが、花びらを落した姿もいい感んじ・・・。
夏に葉っぱは地上部からなくなりますが、ちゃんと夏越しして
次のシーズンも一回り大きくなってお花を咲かせてくれます。
写真は宮崎こどもの国で夏越しして大きくなったラックス。
とっても優秀なお花ですね。存在感もあります。
去年、お客様のお庭に植えたラックスもちゃんと大きな葉っぱを茂らせていました。
春にお花が咲くのが楽しみです。
      皆様も、庭植えにいかがですか…。


posted by GARDENS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

グレヴィレア ”タッカーズドワフ”

s-IMG_3137.jpg

s-IMG_3150.jpg

学名: Grevillea hybrid Tuckers Dwarf
科名:ヤマモガシ科 
常緑低木
花期:冬〜春

グレビレアはオーストラリアを中心に250種が分布する常緑低木です。
花の形に特徴があり、葉は線形または針形で、羽状に裂けるものもあります。
一年を通じて楽しめるお勧めの庭木です。

ピンククリーム色のお花の咲くタッカーズドワフは
高さ60cm幅1mぐらいのコンパクトなタイプ。
グランドカバーにもできます。
低木としてお庭に植えるのもオススメです。

posted by GARDENS at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

ウエストリンジア

s-Westringia fruticosa1.jpg

s-Westringia fruticosa2.jpg

学名:Westringia fruticosa
科名: シソ科ウエストリンジア属
花期:春から秋
草丈:常緑性低木(1m~1.5m)

ウエストリンジアはオーストラリア原産の低木です。
葉、花ともにローズマリーに似ているので、
オーストラリアン・ローズマリーという別名がありますが、
ローズマリーのように芳香はありません。
ウエストリンジアは、ローズマリーに比べて、
全体的にこんもりふんわりした、優しげな姿になります。
葉は、シルバーリーフや斑入りのものもあり、とっても美しいです。
花は、白、薄紫、ピンクがかった花色があり、
小さく淡い色で、キュートです。
春が開花のピークですが、もともと四季咲き性の強い植物で、
春から秋まで花を咲かせてくれます。
ウエストリンジアは多湿を嫌いますので、水やりには注意してください。
タグ:樹木
posted by GARDENS at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

セルリア プリティピンク

IMG_2151.jpg

s-セルリア小.jpg

学名:Serruria florida
科名:ヤマモガシ科 非耐寒性常緑低木
草丈:1m〜2m
開花期:2〜5月

切り花でも人気のある春咲きセルリアです。
シルバーホワイトの綿毛、その周りにピンク色の花弁が広がります。
多花性で、花持ちもよいので長く楽しめます。
ブラシのようなふさふさと茂る葉は常緑で花のない時期にも楽しめます。

日光を好むみます。水はけのよい土で、乾燥気味に管理してください。
酸性の土を好み、肥料は与えなくても大丈夫です。

全ての花が咲き終わったら株元から約10-15cmの高さで切り戻してください。
梅雨前までの剪定がおすすめです。


タグ:樹木
posted by GARDENS at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

アカシア スペクタビリス


IMG_2554.jpg

IMG_2551.jpg

As.jpg

学名:Acacia spectabilis
科名:マメ科 耐寒性常緑高木
花期:春
最終樹木: 最終4〜8m程度

黄色のかわいい花を枝いっぱいにポンポン・・・。

銀葉アカシアのひとまわり大きい花を枝が垂れるほど咲かせ、
開花時にはあたり一面ふんわりと甘い香りに包まれます。

丸みのあるシルバーの小さな葉もかわいらしく、
葉は常緑で年中楽しむことができます。

一日中よく日の当たる場所が好きです。
排水性の良い土で風通しの良い場所で育てて下さい。
痩せ地でも育ちますので、肥料は少なめでOKです。


タグ:樹木
posted by GARDENS at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

メディカルティーツリー

s-ティーツリーN0.2.jpg

s-5210953935_4c7785666b_z.jpg

学名:Melaleuca alternifolia
科名:フトモモ科 コバノブラシノキ属
花期:4月〜5月
草丈:常緑高木(3メートルほど)
場所:水はけのよい日なた

常緑樹で、害虫・病気に強く手入れも簡単なため、
近年シンボルツリーとしての人気が高まっています。
葉は細く繊細なシルエットで、庭を涼しげに演出してくれます。
春には、綿アメのような白い花が咲きとても印象的です。
メディカルティーツリーはティーツリー精油が採取できる樹種としても広く知られています。
ハーブティーとしては活用できませんが、
ドライフラワーにすると、森林の香りがして癒されます。
また、ドライの葉をお風呂に入れて使うと殺菌効果があります。


タグ:樹木
posted by GARDENS at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

グレヴィレア”プーリンダロイヤルマントル”

s-IMG_2566.jpg

s-IMG_2577.jpg

学名: Grevillea 'Poorinda Royal Mantle, 
科名:ヤマモガシ科 
常緑低木
花期:5月〜秋

オーストラリアではよく花壇に使われるポピュラーな花木
「プーリンダローヤルマントル」は多花性で、四季咲き。
5月から晩秋まで赤く美しい花がよく咲きます。
枝垂れる樹形で、スタンド仕立てやグランドカバーにもできます。 
樹形をいかしてカッコ良く、背の高い鉢に植えるのもオススメです。
タグ:樹木
posted by GARDENS at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

ユーカリ ポポラス


IMG_2047.jpg

IMG_2075.jpg

学名:Eucalyptus polyanthemos
科名:フトモモ科 耐寒性常緑高木
花期:春
最終樹木: 最終5m程度

たくさんの種類があるユーカリですが、
ポポラスは丸葉ユーカリの代表ともいえる品種。
シルバーのハートの葉〜丸い葉がかわいいユーカリです。
木が大きくなると実をつけ、
この実は『ポポラスベリー』の名で切花として人気があります。

p.jpg

風にゆらゆら揺れる姿は、ナチュラル感たっぷり。

生育旺盛でぐんぐん大きくなるので、シンボルツリーにピッタリです。

あまり大きくしたくない場合は、剪定でコンパクトに仕立てることも可能。
剪定した枝をフラワーアレンジメントとして楽しむのもいいかもしれません。
ドライもおすすめです。

乾燥好きです。
多湿に注意しながら、日当たりのよいところで育ててください。

強風には弱い傾向があるのでしっかり支柱をたててくださいね。



posted by GARDENS at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

パールアカシア

s-IMG_2007.jpg

s-46388d789cee849fafa9a3a5f2791d10.jpg


学名:Acacia podalyriifolia
科名:マメ科 アカシア属 半耐寒性常緑樹(-5℃程度)
花期:3月頃
草丈:3〜5m(剪定次第で2mくらいにおさまります)


丸葉がかわいいパールアカシア。
葉の質感はビロードのように起毛して柔らかな印象です。
花はレモンイエローのやさしい色合いで、いい香りがします。
ドライにしてもお花や葉っぱがパラパラ落ちないので
リースにおすすめです。
大きくなりすぎないように、まめに剪定すると
コンパクトな大きさで楽しめます。
水はけがよく、日当たりのよいところに植えつけしてください。
肥料は少なめで大丈夫です。

タグ:樹木
posted by GARDENS at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

リューカデンドロン

s-IMG_2178.jpg


s-リュー3.jpg


IMG_2185.jpg


学名:Leucadendron
科名:ヤマモガシ科 常緑低木
花期:春または秋(品種による)
草丈:1m〜2m(品種による)

夏の終わりから秋の終わり(品種によっては春)にかけて、
葉の先端がだんだんと色づき、美しいグラデーションを見せます。
色づいているのはお花ではなく、花を守るためのガク部分です。
お日様が大好きなので日当たりのよいところで育ててください。
高温多湿に弱いので、水はけの良い土に植えて水やりにも注意しましょう。
夏は直射日光を避けた涼しいところが好きです。
酸性の土を好み、肥料はほとんど必要ありませんが、
与えるならば春か秋にリン酸分の少ないものを与えましょう。

切り花やドライフラワーとして楽しめます。


s-リュー1.jpg


お庭でもお花を咲かせて楽しみませんか。

タグ:樹木
posted by GARDENS at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

グレヴィレア  "ブロンズ ランブラー"

IMG_2143.jpg

IMG_2124.jpg

学名: Grevillea "Bronze Rambler"
科名:ヤマモガシ科 
常緑低木
花期:夏〜秋

オーストラリア南東部原産の個性的な植物。
葉っぱは切れ込み葉でシックなブロンズ色。
成長は速く、土質も選ばず、乾燥や寒さにも強いとっても強健な常緑低木です。
剪定を繰り返すと、枝葉が増えてどんどん密になっていきます。
紫色系のお花は密集して上向きで細長いブラシ状、春から秋に咲くきつづきます。

グラウンドカバーとして利用してみてはいかがですか。
タグ:樹木
posted by GARDENS at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

アゴニス ブラックテイル


s-アゴニス.jpg

ブラックテイル3.jpg

学名:Agonis flexuosa'Black Tail'
科名:フトモモ科 耐寒性常緑樹〜半常緑樹(-5℃程度)
花期:夏〜秋
草丈:最終4m程度(剪定で調整可能)

オーストラリア原産の黒い葉がかっこいい樹木を紹介します。
以前は「ブラックユーカリ」という名前で出回っていましたが、ユーカリとは別物で、
「アゴニス フレキシオーサ」種の黒葉品種です。

葉っぱの色は春〜秋の暖かいときはしぶい暗緑、冬の寒さにあたると
黒紫褐色となりウインターガーデンでもとても目をひきます。

成長は早めで、大きく育てていけばかっこいいシンボルツリーにもなりますし、
剪定にも強いので1m以下のブッシュ状にも仕立てられます。

お日様がよく当たる場所に植えるとよいでしょう。寒さが厳しいと冬の後半は落葉して
半常緑性となることもあります。

タグ:樹木
posted by GARDENS at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする